交通事故で生じた骨盤骨折による後遺症の詳細と健康管理の重要性

車21

交通事故は受ける衝撃の大きさから重度の怪我を負いやすく、治った後も後遺症に悩まされるリスクが高いのが問題です。特に骨折から派生する後遺症は外見ではわかりにくく、リハビリも時間がかかってしまうことから生活に支障をきたした状態が長く続くおそれがあります。

交通事故による骨折の詳細を学び、健やかな暮らしを営むための心得を持ちましょう。

交通事故で生じる骨折の特徴について

交通事故39

交通事故は大別して車両同士の衝突と、車両が人や物をはねるものがあります。いずれの場合も被害者が受ける衝撃が大きいのが特徴です。一般道の多くで指定されている制限速度の時速40キロであっても、約6メートルの高さから落下したのと同じ衝撃を受けることから、骨折などの重大な怪我を負いやすい傾向があります。

また、車両にはねられると全身に衝撃を受ける形になることから、複数の部位で骨折が生じるのも交通事故に多く見られる傾向です。事故で受けた衝撃による骨折は損傷の度合いが酷く、原型を留めない程に細かく砕けていたり、折れた骨が皮膚を突き破って露出しているケースが多く見られます。

骨折には様々な症状が見られますが、交通事故の場合は一か所の方向から強い衝撃を受けた際の特徴が多く出ます。複数の骨が同じ向きの部分で折れているので、骨の損傷の度合いで衝撃がかかった向きや力の度合いを確認することが可能です。

その一方で車両にはねられた人は路面に叩きつけられる事も多いので、車両に触れていない部位にも骨折の症状が出るケースもあります。

骨盤骨折の症状と治療の方法

骨が損傷する骨折の中でも骨盤骨折は重症の部類に入ります。腕や足の骨が折れた場合、元の位置に戻したうえでギプスによる固定処置を行うことで骨折する前の良好な状態に回復させることが出来ます。しかし骨盤骨折の場合、特有の形状からギプスを使った外部からの矯正は出来ません。

損傷した骨を元通りに治すためには腰の部分を切開し、医療用のワイヤーを埋め込んで砕けた骨を固定させる外科手術が必要になります。また、砕けた骨が筋肉や血管を傷つけている可能性もあることから、ワイヤー固定と同時に損傷した器官の治療も併せて行うことになるので大掛かりな手術になりやすいのが大きな問題点です。

骨盤は腰の部分にある大型の皿状の形をしている骨で、背骨とくっついている他、両足の太ももの骨が穴の開いている部分で連結されています。骨盤骨折によって皿状の骨が大きく損壊し、背骨や太ももの骨にも悪影響を及ぼすので速やかな治療が求められます。

骨盤が損傷すると激しい痛みに見舞われる他、周囲の筋肉や血管が圧迫される危険もあります。また、太ももの骨との連結部分が損傷すると歩行障害などの後遺症に見舞われる可能性が高いので注意が必要です。

骨盤骨折による後遺症とリハビリの詳細

交通事故31

骨盤骨折は歩行障害や脊髄の損傷など、生活に大きな支障をもたらす後遺症を患いやすい傾向があります。骨盤は骨の中でも大型で頑丈な作りですが、その一方で骨折などの不具合が生じると大きなトラブルに見舞われてしまいます。

また、骨盤は上半身の重みがかかる部位でもあるので、怪我が治りにくいのも問題の一つです。折れた骨が固定化されて治るまで時間がかかりやすく、歩行や着席の際に強い痛みを感じることから生活に大きな支障をもたらします。

また、痛みが原因で歩行が疎かになり、足の筋肉が急速に衰えるリスクが増大するのも骨盤骨折の厄介な点です。高齢者の場合は骨盤骨折をきっかけに寝たきりの状態に陥ってしまうケースが多いことから、歩行機能を損なわないためには根気強くリハビリを続けることが重要になります。

リハビリは腰にわざと負担をかけるように歩くのが一般的な方法です。

筋肉の衰えを防ぐと共に、負荷をかけることで骨盤の再生を綺麗な形に仕上げる目的もあります。寝たきりの状態で骨の再生が進むと歪みが生じる可能性があることから、リハビリによる刺激を与えることが歩行に適した本来の形状で再生させるための重要な条件です。

そのため、リハビリは骨盤骨折の知識を持つベテランの療法士に指導を仰ぐのが正しい方法になります。

交通事故の後遺症で生活に支障が及んだ場合の対処法

交通事故による怪我は症状が重く、治っても重度の後遺症が残ってしまうことがあります。特に骨盤骨折のような大怪我の場合は後遺症が出る可能性が高く、場合によっては骨が再生しても歩行や着席が困難になることも珍しくありません。

生活に大きな支障を及ぼすほどの後遺症に見舞われた場合、仕事に就くことが困難になります。そのような場合は加害者側に慰謝料を請求するのが一般的な対処法です。しかし、加害者に慰謝料の支払い能力が無いと見做されると金銭的な補償が得られません。

交通事故による後遺症で生活の維持が困難になった場合を想定し、保険会社と契約を結ぶなどの対処策を講じておくことが重要になります。保険会社の多くは万が一の怪我や病気で働けなくなった時の備えとして就業不能保険を扱っています。

交通事故は誰でも被害者になる可能性があることに加え、時と場所を選びません。いつ自分が後遺症に悩まされるほどの大怪我を負ってしまうかはわからないことから、非常時の備えとして保険に加入しておくのが金銭の補償を受ける工夫になります。

特に加害者側からの慰謝料が得られない状況では就業不能保険の補償は生活の維持に不可欠です。そのため、複数の保険会社を比較して最適なプランを提示している所を選ぶのが良いサポートを得るための心得になります。

怪我や後遺症に繋がる交通事故に遭わないためのポイント

交通事故は心身へのダメージが大きく、生活への支障も大きいので日頃から安全確認を徹底することが重要になります。特に車両にはねられる人身事故は被害者の側にも責任があるケースが多いことから、屋外での移動時は細心の注意を払うことが大切です。

標識や信号機の指示を遵守する他、自身を目立たせてドライバーに認識されやすくする工夫が求められます。日が落ちると視界が狭くなり、薄暗い所でも人影が全く視認出来ないことがあります。屋外を徒歩で移動する際は車両のライトに反応する反射シートが付いた衣類を着ることでドライバーの見落としを回避させることが可能です。

また、暗くなると歩行者の側も車両との距離が確認しにくくなるので注意します。不用意な外出を控えるのも交通事故に遭わない方法の一つです。